日本帰国後も維持できるアメリカの銀行口座を調べてみる

日本に本帰国してnon-resident alienとなったあとでも、維持できるアメリカの銀行口座について、調べてみました。

expatフレンドリーなアメリカの銀行口座

いろいろな英語ブログで、米国市民が米国非居住者となった場合でも、米国に郵便を受け取れる住所があれば、以下の口座は維持できると書いてあります。また、いろいろな日本語ブログでも、以下の口座の少なくともいくつかは日本帰国後も維持できると書いてあります。

しかし、ざっと各オフィシャルサイトを見てみた感じでは、「米国に住所が必要」と書いてあることはあっても、「米国非居住者でも口座維持できる」「米国非居住者は口座維持できない」とは明記されていません。

そこで、「アメリカ居住中に口座をつくり、non-resident alienとなってもその口座を維持できるか?」を、SchwabとWells Fargoに有人チャットで聞いてみたら、いずれも答えはNoでした。このように、正面から質問すると答えはNoになってしまいます。

実際には、非居住者となってもこれらの口座を維持している「米国市民」や「駐在を終えて日本帰国したnon-resident alien」の人が多くいるということは、非居住者でも米国で郵便を受け取れる住所があるのであれば、実質的には問題としない、という運用なのかな、思います。

• Charles SchwabのInvestor Checking Account (有人チャット回答:Schwabのどのアカウントも、利用できるのはU.S. citizens or U.S. resident aliensに限られる。)

• Wells FargoのEveryday Checking account (有人チャット回答:自分の名前でU.S. residential addressがある場合のみ、口座を維持できる。家族がU.S.に住んでいても、自分がU.S.に住んでいないとダメ。)

CitibankのCitigold Interest Checking account ($200k入金するとゴールド。ChatGPT回答:非居住者である場合、家族や友人のU.S. addressがあり郵便物を受け取れる必要あり。)

• Chase BankのChase Total Checking account (ChatGPT回答:非居住者である場合、家族や友人のU.S. addressがあり郵便物を受け取れる必要あり。)

• Bank of AmericaのAdvantage SafeBalance Banking checking account (ある英語ブログによれば、アメリカのメガバンク (Bank of America, Wells Fargo, Chase, Citi) はどれも、郵便物を受け取れる住所があれば、非居住者でも口座維持できる、との説明あり)

• Capital One 360のchecking account (Account Disclosure に”You must be a US citizen or permanent resident with a valid Social Security number”と記載あり)

• WISE checking account (ChatGPT回答:WISEは日本に住所が変わっても利用可能。)

やはり、expatフレンドリーということだと、メガバンクとWISE頼みになりそうです。

ユニオンバンクMUFG U.S. Bank)

MUFG Union Bankは、日本からでも(非居住者でも)口座開設できるアメリカの銀行として知られていました。しかし、2022年12月にU.S. Bankの傘下となりました。

2023年11月現在、MUFG三菱UFJ銀行)のサイトでは、「海外口座ご紹介サービス」として、「三菱UFJ銀行にお取引がある満18歳以上の日本居住の個人で、米国ビザを取得し、原則90日以内に米国に居住予定のお客さま(米国籍の方はビザ不要)」を対象に、米国のU.S. Bankグローバル・トランジション・ソリューションズの預金口座開設を取り次ぐ、と記載されています。

ですが、これって普通のU.S. Bankの口座とは違うみたいですね。なので、現状、日本から開設できる米国銀行口座はない、ということみたいです。

そうすると、U.S. Bankの口座を日本帰国後に維持できるかは?ですね。

 

 

プライバシーポリシー&お問い合わせフォーム