連邦所得税率(タックスブラケット)についてまとめてみる|アメリカ

2024年の連邦所得税率を用いて、married filing jointly(ジョイント申告)とmarried filing separately(単独申告)の例を、計算してみました。

ターボタックスを使えば、税額を自分で計算する必要はないですが、タックスブラケットがどうなっているのか、ある程度は知っていたほうがよい場面があります。

  • 銀行の利息も収入として申告しますが、どのタックスブラケットにいるかを知ることで、利息分の何%を納税しているのかが分かります。
  • あくまでシミュレーションですが、401kを一括引き出した場合を想定すると、これも収入扱いとなるので、401kの引き出し額によって、トータルでは何%を納税することになるのかを知ることができます。

ジョイント申告の場合 (married filing jointly)

taxable income ジョイントの場合の税率 2024年
$23,200以下の部分 10%
23,200 x 0.10 = 2,320
$23,001-$94,300の部分 12%
(94,300-23,000) x 0.12 = 8,556
$94,301-$201,149の部分 22%
(201,149-94,300) x 0.22 = 23,507
$201,150-$383,899の部分 24%
(383,899-201,149) x 0.24 = 43,860
$383,900-$487,449の部分 32%
(487,449-383,899) x 0.32 = 33,136
$487,450-$731,199以下の部分 35%
(731,199-487,449) x 0.35 = 85,313
$731,200以上の部分 37%

計算例:

  • taxable incomeが$150,000だと、2,320 + 8,556 + (150,000-94,301) x 0.22 = 23,130となり、全体の23,130 / 150,000 x 100 = 15.4%が連邦所得税となります。

  • taxable incomeが$250,000だと、2,320 + 8,556 + 23,507 + (250,000-201,150) x 0.24 = 46,107となり、全体の46,107 / 250,000 x 100 = 18.4%が連邦所得税となります。

  • 収入+401kから引き出しの合計が$600kだと、2,320 + 8,556 + 23,507 + 43,860 + 33,136 + (600,000-487,450) x 0.35 = 150,772となり、全体の150,772/600,000 = 25.1%が連邦所得税となります。
  • 収入 + 401kからの引き出しの合計が$650kだと、2,320 + 8,556 + 23,507 + 43,860 + 33,136 + (650,000-487,450) x 0.35 = 168,272となり、全体の168,272/650,000 = 25.9%が連邦所得税となります。

単独申告の場合 (married filing separately)

taxable income 単独の場合の税率 2024年
$11,600以下の部分 10%
11,600 x 0.10 = 1,160
$11,601-$47,150の部分 12%
(47,150-11,600) x 0.12 = 4,266
$47,151-$100,525の部分 22%
(100,525-47,150) x 0.22 = 11,743
$100,526-$191,950の部分 24%
(191,950-100,525) x 0.24 =21,942
$191,951-$243,725の部分 32%
(243,725-191950) x 0.32 =16,568
$243,726-$365,600の部分 35%
(365,600-243,725) x 0.35 = 42,656
$365,601以上の部分 37%

計算例:

  • taxable incomeが$70,000だと、1,160 + 4,266 + (70,000-47,150) x 0.22 = 10,453となり、全体の10,453 / 70,000 x 100 = 14.9%が連邦所得税となります。
  • taxable incomeが$120,000だと、1,160 + 4,266 + 11,743 + (120,000-100,525) x 0.24 = 21,843となり、全体の21,843 / 120,000 x 100 = 18.2%が連邦所得税となります。
  • taxable incomeが$200,000だと、1,160 + 4,266 + 11,743 + 21,942 + (200,000-191,950) x 0.32 = 41,687となり、全体の41,687 / 200,000 x 100 = 20.8%が連邦所得税となります。
  • 401kから$600kを一度に引き出すと、1,160 + 4,266 + 11,743 + 21,942 + 16,568 + 42,656 + (600,000-365,600) x 0.37 = 185,063となり、全体の185,063/500,000 = 30.8%が連邦所得税となります。

GC放棄後に日本で401kを一括引き出しする場合

GCを放棄すると、401kはクローズするか、個人年金(かIRA)にロールオーバーしないといけないようです。クローズする場合は、401kの一括引き出し扱いとなり、仮に$500k-600kだと、26~30%程度税金をとられます。

個人年金ロールオーバーして、GC放棄後に、個人年金から一括引き出しすると、日本で納税することになり、「一時所得」扱いです。仮に、

(全額ー自己拠出額ー50万円)/ 2+その他の所得=1200万の場合、

1200 x 0.3 - 154(控除額)=約206万となり、約17%の税率で済みます。

一方、個人年金を分割して受け取ると、「雑所得」扱いとなり、仮に1年に600万、900万ずつ引き出した場合だと、

600 x 0.2 - 43 = 77万となり、約13%の税率で済みます。

900 x 0.23 - 64 = 143万となり、約16%の税率で済みます。

GC放棄した後に一括引き出しするのが確定申告1回で処理できるのでよさそうです。ただ、個人年金ロールオーバーしている場合、たいていは個人年金をすぐに全額は引き出せないようになっています。

ベストシナリオ:今の401kプランが退社後も口座維持できて、かつGC放棄後も口座維持できるなら、そうして、GC放棄後に一括引き出しする。

現実的シナリオ:IRAロールオーバーしても、non-resident alienになっても口座維持できるのか、調査要。数年前はOKでも方針が変わるかもしれない。個人年金ロールオーバーも悪くないけど、引き出すのに時間がかかる。

あえてアメリカ居住中に全部引き出すのがシンプル。高い税金を払うかわりに、手続面は簡単になる。これだと、便利だけど運用益・会社マッチ分が飛んでなくなるイメージ。とりあえず、401kは実際の残高の30%減で考えるようにしてます。 

 

 

 

 

プライバシーポリシー&お問い合わせフォーム