アメリカで自炊して食費を節約するためのポイント

アメリカでインフレが止まりません。

 

インフレが続くなか、しっかりと「節約」していきたいですよね。特に、食費は、何も考えないで食材の買い物をすると、出費が大変なことになりがちです。

そこで、アメリカで食費を節約するためのポイントを、リストアップしてみます。

1.自炊する 

食費の節約ポイントの筆頭は、「自炊する」ことです。

ちょっとしたレストランで家族で食事して、チップも払うと、1週間分の食費ぐらいかかります。

比較的リーズナブルなテイクアウトでも、やはり、自炊に比べると圧倒的に高くつきます。

ただ、仕事が忙しいときは、無理せず、冷凍ピザなど温めるだけで食べられるものや、テイクアウトも利用したいですよね。節約が目的になってしまうとツライので、そうではなくて、無理なくできる範囲で自炊すれば十分ではないでしょうか。

2.作り置きしない

節約をしようと思ったら、「作り置きがよい」という考え方もあります。

しかし、作り置きすると、結局食べきれずに残った分を捨てることになりがちです。

1回で食べきれる分だけを作るようにすれば、残りを捨てることはなくなります。

そして、作り置きしないので、冷蔵庫の中がスッキリします。

家事楽ポイント

冷蔵庫の棚の奥のほうに食材や残り物があると「見えないと忘れる」ので、棚の手前だけを使用するようにしてます。冷蔵庫がスカスカ気味ぐらいのほうが、全ての食材を一覧できます。
(冷蔵庫はスカスカですけど、冷凍庫のほうはギュウギュウ詰め、になってます。)

3.日本製のおなじみの食品でなくても使えるものを使う

アメリカ在住あるあるだと思いますが、日本製のおなじみの食品にこだわると食費がかさんでしまいます。

アジア系スーパーで売っているおなじみの日本製食品や、アマゾンオンラインで買える日本製食品は、日本で買うときと比べて、ずっと割高です。

そこで、日本製のおなじみ食品の代わりに使えるものを探して、とり入れることをおすすめします。例えば、以下です。

① 鶏ガラスープの素としては、Chicken Bouillon Powder by Lee Kum Kee が使えます。日本で売っている鶏ガラスープの素よりも、塩分が少ないので、安心して多めに入れることもできます。

② コンソメの代わりに、Better Than Bouillon, Roasted Chicken Base, Reduced Sodium が使えます。アマゾンもWegmansも同じぐらいの値段でした。

③ 料理用酒は、アジア系スーパーで一番安い「正宗 陳年米酒 Chinese Rice Cooking Wine by Yu Yee Bland」を買ってみましたが、問題ありませんでした。他の料理用酒も適当に買っていますが、特に問題ないです。

④ みりんは、Cooking Sweet Rice Wine by Shirakiku, Wismettac Asian Foods, Inc.(日本製)が使えます。みりんにはハイフルクトースコーンシロップが入っていることが多いのですが、こちらの商品には入っていません。

また、味醂と書いてある中国系のものでも、問題なく使えました。

⑤ オイスターソースは Oyster Flavored Sauce by Lee Kum KeeやOyster Sauce, Golden Mountain, Product of Thailandなどが問題なく使えています。

⑥ 味付けのりは韓国のりで代用できます。コストコのKirklandの韓国のりなど。

⑦ キューピーマヨネーズの代わりに、Mayonnaise gluten free by Wismettac Asian Foods, Inc.(日本製)を試したところ、味に問題ありませんでした。

⑧ マロニーちゃん(デンプン麺)の代わりに、Mung Bean Vermicelli(緑豆の春雨)が使えます。

⑨ 片栗粉の代わりに、コーンスターチが使えます。レシピで片栗粉と書いてあっても、普通にコーンスターチで代用してますけど、問題ないです。

アジア系スーパーは、99ランチマーケットとHマートをよく利用しています。

4.リドルで買う

ドイツ系のスーパーLidl(リドル)が、お買い得感ダントツです。

リドルで買い物すると節約になると思うアイテムは、以下です。

  • オーガニック牛乳
  • チーズ(各種)
  • バター
  • そのときセールになっている生鮮野菜・果物
  • スライスパン、ベーグル
  • ペストリー(クロワッサンやチョコパンなど)
  • 冷凍ピザ
  • オリーブオイル

リドルでできるだけ買う+アジア系スーパーで買う、ことで、かなりの節約になります。

5.コストコは要注意

コストコCostco、コスコ)で食材を買うときは要注意です。

コストコは、テーマパーク的な楽しさがあり、つい気が大きくなりがちです。何も考えずに商品をショッピングカートに入れていると、びっくり合計金額で、日ごろの小さな節約も吹き飛びます(コストコあるあるですよね)。

例えば、コストコのクロワッサンは間違いなくおいしいですが、12個入りで1個あたりのサイズも大きく、本当に食べきれるか、よく考えてから買いましょう。

クロワッサンなら冷凍すればいいのですが、冷凍庫に入りきらなくなりがちです。冷蔵庫をもう一つ買えばいいという考えもありますが、我が家では却下。今でさえ、冷凍庫の奥のほうに入っているものを忘れがちで、冷蔵庫2つ目を管理できる気がしません。

買いすぎ要注意なコストコですが、節約に強い味方の食材もあります。例えば、ロティサリーチキン$4.99は、おいしくて、お買得です。

6.旬のセール野菜を買う

インフレで食材の値段が上がっていますが、生鮮野菜は、比較的、据え置き価格です。

健康にもよいので、なるべく旬のセール野菜を使って自炊すると節約になります。

買って来た野菜は冷凍すると、傷む心配なく時間をかけて食べきることができます。ネギ(green onion, leek)、ほうれん草やニラなどの葉もの、キノコ類、などはカットして、水をよく切って、ジップロックに入れて冷凍すると、いつでも使えて便利です。

7.肉に関する節約 

肉が高いので、肉については、以下の戦略をおすすめします。

① 1回の料理当たりの肉の量を減らす。

② ひき肉を活用(ひき肉は安く買えるため)。

③ 肉は買ってきたら冷凍する(その都度解凍して調理すれば、傷む心配なし)。
  例えば、ウェグマンズのファミリーパック(お得な大き目サイズ)を買い、小分けにしてジップロックに入れて冷凍する。

④ トレジョの冷凍ミートボールを常備(おいしいので、おすすめ。お弁当にも)。

アメリカ在住あるあるだと思いますが、豚のスライス肉がお手頃価格で手に入りにくいです。肉はウェグマンズで買っていますが、豚スライス肉が売っているのは「たまに」です(泣)。Hマートのしゃぶしゃぶグレードの豚スライス肉はさすがに美味しいですけど値段が高く、お安い豚スライス肉だと味がイマイチです。そういうわけで、豚スライス肉を使った料理は、あまりできていません。

8.旦那に料理させない

旦那あるある(特にアメリカ人旦那)だと思いますが、旦那が料理すると、以下のようなことがありがちです。

① 大量に作るから、食べきれず、捨てる分が出てくる。

② スパイスをレシピどおり買うので、いろいろなスパイス瓶が棚スペースを占領し、しかもめったに使わないので、ほとんどが消費期限を迎えて捨てることになる。

③ 基本的に、肉の塊を使うので、肉の消費量が多く、食費も高くなる。

旦那に料理をさせなければ、上記問題は解決します。

9.水を買わない

ペットボトル入りの水ではなく、水道水をフィルターして飲み水や料理に使うことで、節約できます。

おかげで、買い物時に重いペットボトルを運ぶ手間もなくなり、ペットボトルをストックしておく場所も不要となりました。

10.ウェグマンズのパスタとパスタソースを常備

ウェグマンズで約1ドルで買えるパスタとパスタソース(Parmesan Romano Sauce)がおいしいので、おすすめです。家事楽と節約の強い味方です。

スライスしたニンニクとみじん切りした玉ねぎをしっかり炒めて、ウェグマンズのパスタソースを入れ、ゆでたパスタをまぜると、「カプリチョーザのニンニクのスパゲティ」の味になります。さらに、ほうれん草やミートボールなどを追加しても美味しいです。

ちなみに、Coasting Catが最近ウェグマンズで買う食品は、肉、パスタ、パスタソース、ブロッコリ、が主です。

11.ブロッコリを常備

安くて、おいしい、栄養もある、弁当の見栄えもアップ、といいことづくめのブロッコリ。

常備しておけば、節約しつつ、栄養もある食事を出せます。

12.米の値段をチェックする

日本製の米は高いので、カリフォルニア米を買っていますが、カリフォルニア米も値段がどんどん上がっています。例えば、今まで $13で買えていたカリフォルニア米(6.8 kg)が $17~$21になっています。

なお、白米は99 Ranchで6.8㎏を約$16-17で買えるので、コストコで買うより安いです。

米は値上げのインパクトが大きいので、セールのときを狙って買うことをおすすめします。

13.おやつに冷凍バナナ

安くて、おいしい、栄養もある(体から塩分を排出してくれる作用もある)、と最強のバナナ。

小さくカットして、容器に入れて冷凍すると、おいしい冷凍バナナ(アイスバナナ)が完成します。おやつに最適です。

バナナが完熟しているほうが、おいしいアイスバナナができるので、ちょっと完熟してしまったバナナを捨てることなく有効活用できます。

14.焼き芋

99 RanchやHマートで買えるさつまいもをオーブンで焼くだけで簡単に激うまの焼き芋ができます。

安いし、健康によいし、満足度の高いおやつになるし、冬は焼き芋に決まり!アルミホイルに包んで焼くので、アルミホイルを大量消費します。ダラーツリーの薄いアルミホイルでも大丈夫でした。

15.豆腐

最近は、豆腐の味噌汁をヘビロテ(というかほぼ毎日)してます。セールで1パック99セントのときは大量買い。おいしくてヘルシーでお腹もいっぱいになるし、最高。

まとめ

アメリカで食費を節約するためのポイントを、リストアップしてみました。

プライバシーポリシー&お問い合わせフォーム