ACH送金、チェック出金、モバイルデポジット入金、解約

 

 

アメリカ国内での送金方法

ここでは、自分の銀行Aの口座から、自分の銀行Bの口座へ、比較的大きな金額($15,000)を送金する場合を想定します。

①ワイヤートランスファー

最も確実で、早く送金が完了できるのが、wire transferです。「銀行Aの支店に出向き、銀行Bへのwire transferの手続きをする」というのが、最もスタンダードなやり方です。送金手続きの依頼を完了してから、数分~数時間以内には送金が完了します。特徴は、確実に送金できるけれど、手数料が数10ドルかかることです。

体験談

Coasting Catの場合は、家を買ったときに、大金を自分の銀行口座から、指定された口座へワイヤートランスファーで送金しました。大金を、確実に、早く、送金する必要があったので、銀行窓口にいって、ワイヤートランスファーを依頼し、その場で、ちゃんと指定口座に入金されたか確認してもらいました。

Online wire transferというのもありますが、あまり利用する場面がないです。家を買うといった超重要な決済の場合は窓口まで出向いたほうが確実ですし、$15,000程度を別の銀行へ送金する場合は、手数料のかかるonline wire transferよりも、下記のACH送金(手数料がかからない)を利用したほうがいいからです。

ACH送金

ACH送金を使えば、銀行Aから銀行Bへある程度の大金を手数料無料で送金できます。ただし、送金が完了するまでに1日~数日かかります。

ACH送金のやり方

1. 銀行Aのオンラインバンキングにログインし、transfer(送金)のところから、外部金融機関への送金を選び、外部金融機関の情報を登録します。具体的には、銀行Bのbank routing number(9ケタ)と銀行Bの自分のaccount numberを入力・登録します。
2. 銀行Bのオンラインバンキングにログインすると、銀行Aから仮の入金が2件(ACH credit、例えば、+$0.12, +$0.20)と仮の出金が1件(ACH debit、例えば-$0.32)、がaccount activityに表示されるので、それをメモしておきます。
3. 銀行Aのオンラインバンキングにログインすると、仮の入金2件の金額を聞かれるので、入力すると、銀行Bの口座情報をverifyできます。
4. これで、銀行Aと銀行Bの口座情報の紐づけが完了します。あとは、銀行Aのオンラインバンキング上で、送金先として銀行Bを選び、送金指示を出すだけです。上記のverifyまでに1日~数日かかりますが、紐づけ完了後は送金自体は速やかにできるようになります。

1日にACH送金できる限度額が、各銀行により設定されています。例えば、シティバンクのシティプライオリティの場合、1日で他銀行へ送金できるのは$25kまで(outbound)、1日で他銀行から入金できるのは$100kまで(inbound)となっています。この限度額はたびたび改変されるので、都度確認要です。

あるいは、送金しようとすると、限度額を超えればエラーメッセージと送金限度額が表示されるので、そこで限度額内で送金(必要に応じて、複数回に分けて送金)すればよいです。

③チェックにより引き出し、入金する

ACH出金限度額が低い銀行から出金する場合であって、ワイヤートランスファーの手数料を払いたくないときは、銀行Aからチェックによる引き出し(withdrawal by check)をして、銀行Bでチェックによる入金をする手があります。

銀行によりますが、一般的には、チェックによる出金は無料で、金額の上限もないです。チェックによる引き出しを依頼してからチェックが送られてくるまで1週間ぐらいかかることと、チェックを銀行Bで入金する手間がかかりますが、ACH送金限度額を超えるお金を手数料なしで移動させる手段として、有用です。

④小切手を使った送金|モバイルデポジット

送金金額がそれほど多額でない場合は、銀行Aの自分の口座の小切手(personal check)を使って、自分宛に小切手を書き、サインして、銀行Bの自分の口座へ小切手による入金(deposit check)をすることもできます。この方法も、手数料はかかりません。

具体的には、銀行Bのアプリを入れると、deposit checkのボタンがあるので、そこから銀行Aの自分の口座からの小切手の写真をとり、アップロードすれば、入金が完了します。

注意点:小切手の表面にサインしたら、裏面のEndorse Hereのところにも「For electronic deposit at Chase only」などと書いて、サインもします。裏面にはサイン日は記入不要。Check here for mobile or remote deposit onlyというチェックボックスがあればチェックします。
昔はチェック入金のために銀行やセブンイレブン(ATMマシーン)まで行く必要がありましたが、今はアプリで自宅で完了します。便利になりました。

ACH送金の場合は口座紐づけをする必要がありますが、小切手を使った送金ではアプリに小切手の写真をアップロードするだけなので手軽です。手軽ですが、小切手を入金してから、実際に入金が完了するまでに約2週間程度かかります。これは銀行のほうで確認作業に時間がかかるからだそうです。

また、アプリからdeposit checkする場合、1日に入金できる限度額がACH送金より低めに設定されています。例えば1日$5,000まで等。
したがって、ある程度の大金(例:$15,000)の移動(銀行Aから銀行Bへ)には小切手よりもACH送金のほうが適しています。

⑤Zelle

銀行のオンラインバンキングやアプリから、このZelleという送金システムを使って送金することもできます。手数料無料。しかし、このZelleは、かなり少額の送金を想定して作られているという印象です。各金融機関によって異なりますが、1日の送金限度が$1,000や$2,500といった感じです。

銀行ごとのACH送金上限まとめ

アメリカの主要な銀行の中で、どの銀行がどのくらいの金額までACH送金 (outbound) を許容しているかをまとめました。

出金上限は頻繁に変更されるのと、各人のアカウントヒストリー(account history)によって異なることもあるので、都度確認要ですが、どの銀行が上限が低めなのか、という傾向は把握できました。

前置き

ACH送金は、自分の銀行Aから自分の銀行Bへ送金するとき、便利です(アメリカのほとんどの銀行で、手数料無料)。

しかし、各銀行には送金できる上限(ACH transfer limit)が設定されています。上限額を超える金額を送金するには、何回にも小分けにしてACH送金するか、ワイヤートランスファー(有料)を利用するか、チェックによる出金(withdrawal by check)をすることになります。

主要な銀行のACH transfer limit (outbound)

出金の上限 ACH transfer limit (outbound) が大きい順。

American Express National Bank(オフィシャルサイトでは開示なし。 口コミ情報は次のとおり):上限なし

Ally Bank(オフィシャルサイトでは開示なし。アカウントヒストリーによるとのこと。Coasting Catの場合、ログインしてみると次のとおり):$150,000 per day, $600,000 per 30 days

CIT Bank(オフィシャルサイトでは開示なし。ログインしてみると次のとおり): $250,000 per day

Discover Bank(ソース:オフィシャルサイト): $250,000 per 30 days

Marcus by Goldman Sachs(ソース:オフィシャルサイト): $125,000 per day

Chase Bank(ソース:オフィシャルサイト): $25,000 per day

Synchrony Bank(オフィシャルサイトでは開示なし。口コミ情報は次のとおり): $25,000 per day, $100,000 per month

Capital One 360 Savings(オフィシャルサイトでは開示なし。参考サイトによると次のとおり): $10,000 per day or $25,000 per month

Citi Bank(ソース:オフィシャルサイト):$10,000 per day、$15,000 per 30 days

ただし、Citi Priorty(ソース:オフィシャルサイト):$25,000 per day, $50,000 per 30 days

Wells Fargo & Co.(ソース:オフィシャルサイト):$5,000 per day

PenFed Credit Union(有人チャットで確認):$5,000 per day、$10,000 per 30 days

Bank of America Corp.:ACH送金が無料ではないので、ACH送金の上限については本記事では省略。

チェックで引き出す(withdrawal by check)

メリット

チェックによる出金を依頼すると、銀行からチェックが送られてきます。チェックによる引き出しのメリットは、銀行によりますが、ほとんどの銀行で、無料で、金額の上限がないことです。

デメリット

デメリットは、チェックによる出金を依頼してからチェックが送られてくるまで1週間ぐらいかかることと、チェックが送られてきてから、銀行Bでチェックを入金(deposit a check)する手間がかかることです。金額が大きいと、モバイルデポジットは現実的でないので、銀行Bの支店に出向いて入金することになります。入金先がオンライン銀行で支店がない場合は、チェックの郵送による入金になってしまいます(さらに入金に手間暇がかかる)。

このように手間がかかるので、チェックによる出金・入金をするよりも$20-$30程度の手数料を払ってワイヤートランスファーしたほうが早いし確実です。

体験談・雑感

一つのCD口座(約$80k)の満期が近づいたので、オンライン上で、CDの自動更新を選択せずに、試しにclose and withdraw by checkを選択してみました。満期からちょうど5日後にチェックが自宅に郵送されてきました。手数料はかからず、チェックは満額になってました。

実際にチェックによる引き出しをしてみて、無料でスムーズに進みました。今回満期になった銀行はACH出金限度額が低くてACH出金は現実的ではなく、また、ワイヤートランスファーの手数料を払いたくなかったので、チェックによる引き出しをしました。

その後、チェック入金をすべく、銀行Bの支店に出向きました。

ジョイントアカウントに小切手をモバイルデポジット

ジョイントアカウントが便利な場面

夫婦のジョイントアカウント(共同名義口座)があると、①②のようなメリットはよく説明されていますが、③④のメリットもあります。

① 夫婦でそこから生活費を出せるので一元管理できる

② 一方が亡くなったときにプロベート(probate:相続手続き)を回避できる

③ 夫婦ジョイント名義宛ての税金リベート (tax rebate) のチェックをモバイルデポジットできる

④ ジョイントタックスリターンで還付金 (tax refund) がある場合、ジョイント名義宛ての還付金チェックをモバイルデポジットできる

ジョイントアカウントにモバイルデポジットする方法

チェックの裏面のラインより上に、以下の情報を手書きします(例:Allyの場合)。

For Ally eCheck Deposit Only; account No. XXXXXXX

//妻サイン// //夫サイン//

普通のモバイルデポジットとの違いは、アカウント番号がジョイントアカウント口座であることと、夫婦二人がサインしている点だけです。ライン上のスペースに上記全てを記入する必要があったので、全て小さ目に書くとよいです。

あとは、通常のモバイルデポジットと同じように、アプリからチェックの両面をスキャンして送信するだけです。

モバイルデポジットしてから、処理には数日~1週間ぐらいかかります。一応、後日入金されていることを確認要。

チェース銀行口座を解約した体験談

チェース銀行のsavings口座を解約(クローズ)した体験談を、備忘録としてまとめます。

チェース銀行口座を解約するにあたり、考えたこと

① 昨今の銀行破綻さわぎで、中小銀行からお金を引き上げて、大手銀行にお金を移す、という動きが出ているとの報道が出ています。

大手銀行であるチェースに口座を持っておくメリットもありそうですが、以下の2つの理由から、今回チェースのsavings口座は解約することにしました。チェースのクレカは引き続き利用します。

1. 銀行口座はいつでも作れること
2. 大手銀行でなくてもFDIC保護があるので、チェース以外の銀行でもそれほど心配することもなさそう

② チェースで口座開設ボーナス$200をもらえる条件が、「開設から6ヶ月間は$15,000を維持すること」で、無事ボーナスをもらいました。さっそく解約すべく、口座開設日を確認しようとチェースのサイトにログインして探しましたが、見つけられませんでした。

自分でエクセルで管理している銀行・クレカ活動のtracking chartに、開設日が書いてあったので、開設日が分かってよかったです。

解約する前にすること

解約する前に、savings口座に入っているお金を全て出金(transfer)しておく必要があります。出金して残高が$0となっても30日間は口座維持費がかからないそうなので、出金した後に口座がクローズするまでに数日かかっても大丈夫です。

そして、チェースの場合は、チェック郵送による引き出しは$5,000が上限なので、$15,000はチェック郵送では出金できません。そこで、チェースのサイトにログインして、ACH送金で(上限:$25,000 per day)出金しました。

解約する方法

解約方法としては、①支店へ出向く、②オンラインで解約する、の2つの方法があります。

① 支店へ出向く場合は、上記のACH送金による出金はしなくても、解約手続きと同時にチェックによる出金ができるようです。

② オンラインで解約する場合は、サイトにログインして、Secure Messagesのところからcloseしたいとメールをします。このメールをする前に、出金して残高が$0になっていることを確認要です。

追記:解約して1週間ぐらいしたら、$0.02のチェックがチェースから郵送されてきました。ACH送金で全額出金したつもりでしたが、2セントだけ残っていたようです。せっかくなので、モバイルデポジットでAllyの口座へ入金しました。

Wells Fargoクレカを解約した体験談

入会ボーナスを目的に、Wells Fargo Active Cash Cardを作った後、「最初の3ヶ月で$1,000使う」という条件を満たして無事$200のボーナスをもらいました。その後、クレカを解約したので、備忘録として体験談をまとめます。

解約するにあたり、考えたこと

① 年会費無料のクレカなので、急いで解約することもないですが、入会ボーナスをゲットしたし、つくってから1年ぐらい経ったので、解約してもいいかな、と考えました。解約によってクレジットスコアが多少下がっても気にしてないのもあります。

② なるべく管理すべき口座・クレカを減らしたいというのもあります。

③ キャシュバックをクレカ支払いに相殺するようしてましたが、キャシュバックが$1.2だけ残ってました。もうこのクレカを使っていないので、$1.2をredeemする機会もない。支払いすべきバランスは0であることを確認したので、$1.2は最悪没収されてもいいと考えました。

電話して解約

電話で、「解約したい」と伝えました。$1.2がI owe youではなくyou owe meであることを確認したら、「$1.2のチェックを郵送する」と言われました。それと、「解約した旨を確認するレターも後日送る」と言われました。

解約の理由を聞かれたときは、「単に、このクレカを使う機会がないから」と答えになっているようないないような回答をしました。それ以上は何も言われませんでした。

総じて、電話対応してくれた人の感じもよく、レターとチェックもすぐに送られてきて、Wells Fargoにはよい印象しかないです。

チェックは、モバイルデポジットでAllyの口座へ入金しました。

プライバシーポリシー&お問い合わせフォーム